合同会社の設立手続きのうち、ご自身でされると手間と費用のかかる定款作成だけを、当事務所が代行するサービスです。
また、お客様が独自に作成された定款案(ワード形式)のチェックをご依頼される場合も、このサービスに含まれます。(条文および字句の一つ一つを丹念にチェックします)
合同会社は、株式会社と違い、公証役場での認証が不要な分、公的な機関のチェックが入らないまま法務局に定款を提出することになりますので、万が一、作成した定款に不備があった場合には審査が通らず、修正したり作り直しをしなければならないというリスクを伴いますので、専門家に任せた方が安心です。

◆Bプラン 電子定款作成安心サービス《日本全国対応》
謝恩価格23,760円・税込

tokuten.png

お申し込みは今すぐこちらから

arrow3.png

omoushikomi.png

設立時の定款は非常に重要です。
事業規模や業態、将来構想とマッチしていない定款を作成してしまうと、変更登記で出費がかさむだけではなく、経営の上でも思わぬリスクを背負い込んでしまう危険性があります。
会社の憲法とも言える定款は、専門家に任せた方が安心だという方に是非ともお勧めのサービスです。

ご自身でされる場合と、電子定款作成サービスをご利用して頂く場合の設立費用比較

  ご自身で全ての手続きを行う場合 Bプラン
(電子定款作成安心サービス)
定款に添付する印紙代 40,000円 0円(不要)
登録免許税(登記料) 60,000円 60,000円
その他(謄本、印鑑証明、会社印代等) 約20,000円 約20,000円
電子定款作成サービス代 0円 23,760円
合計 約120,000円 約103,760円

上記表の通り、ご自身でされた場合よりも電子定款作成サービスをご利用して頂いた場合の方が16,240円(合計金額の差額)のコストダウンを図れます。

◆Bプラン 電子定款作成安心サービスの場合、法務局への登記書類の作成と申請は、お客様ご自身で行っていただく必要があります。このような作業を省略したい場合は、C又はDプランをお選びください。

◆当事務所の報酬額は、書類作成料、郵送料、通信費、日当等のすべてを含んだ金額です。

*お申し込みは今すぐ→こちらから

◎Bプラン 電子定款作成安心サービスの流れ

1.お客様
お申し込みフォームから必要事項を入力して送信してください。

arrow3.png

2.当事務所
設立される会社の概要を把握するために、チェックシートをお送りいたします。

arrow3.png

3.お客様
チェックシートに必要事項を記入して送信して頂くと共に、費用のお振込みをお願いいたします。
なお、定款の原案が出来上がっていて(ワード形式)、当事務所に原案のチェックを依頼される方は、原案を送信して下さい。

arrow3.png

4.当事務所
頂いた情報を元に法務局で商号調査と事業目的の調査を行い、電子定款を作成して電子署名をしたものをお客様宛にお送りいたします。
《懸念事項等のご提案は適宜差し上げますので、調整をしながら電子定款を完成させます。》

arrow3.png

5.お客様
金融機関への出資金の払い込み後、管轄法務局にて、設立登記申請の手続きを行ってください。

*お申し込みは今すぐ→こちらから